世界ばたばた子育てブログ

広州ばたばた子育てブログの続き。在宅で翻訳やらいろいろ。ダンナはラガーマンからコーチに、長男小2がラガーマンになり、次男年中は虫とカニ博士。今度どこ行こう、だけを糧に生きてるおばさんのブログ

トイレの記憶は忘れない

6歳以下の海外の記憶なんてみんなわすれてまう、というのが持論なので、まあ正直この前のマレーシアの事、さらに言えば中国広州の記憶を長男と次男がどれほど覚えているかは疑問なのですが(繰り返し動画を見ていくしかない)そんな考えの私ですらも覚えている幼少期の海外の記憶があります。

 

私は3-5歳まで南米ペルーで暮らしてました。親の仕事の都合ですが、ペルーで唯一覚えているのが「トイレ」です。正直それ以外はほとんど記憶がない(スペイン語も話してましたが全く覚えてない)自宅ではなく、幼稚園のトイレだったのですが、私は当時現地の幼稚園に行ってまして、そこのトイレが恐怖で恐怖でならなかったのです。

 

なんか、だだっぴろいくせに、コンクリートに穴だけが空いているという……恐ろしすぎて忘れられないのです。日本の田舎のボッ◯ンよりも怖い。トイレがグレーってほんとに怖くて、、、牢屋みたいだったんですよね。うまく説明できないけど。

なんか全部コンクリート打ちっぱなしみたいなところで穴だけが不気味に空いている……怖すぎました

f:id:gutsnonochan:20171003185827p:plain

 

ちなみに、この「穴 空いてるだけやで」というシンプルタイプを20年後くらいに、中国の瀋陽で経験するはめに。昔の王様のお墓近くです。しかも、寒い上に外だった。たぶんこれ以上悲惨なトイレは世界にないと信じてる。

中央がアタイ ( ゚д゚ )ホゲェ…

f:id:gutsnonochan:20170925091342j:plain

 

ちなみにビジュアル的に思わず嘔◯しそうだったのが、これ

 

絵でマイルドにしてあります 上海のお茶市場 ニーハオ&横からざっぷーんと水で流し押し出す式。

押し出したものはどこにいったか知らぬ

f:id:gutsnonochan:20171003185452p:plain

……ちなみに、お茶市場でお茶をたくさん試飲していたので、このトイレを拒否する事ができず仕方なかったんです。一体どんな仕組みなんだよって思いました。当然ですが、水の流れは人力で起こします。10年以上たってるのに忘れられない、人生三大後悔のうちの一つですね。

 

海外で「げぇ」というトイレを経験した人のほとんどがそうだとおもいますが、TOTOさんやLIXILさんの偉大さを痛感します。ホテルでまあまあだなと上から目線で認められるのはTOTOを採用しているホテルと決めてます。TOTOさんよ、もう1都市に10人くらいの規模で駐在してほしい。なんならもう日本で売らなくていいよ、全世界のトイレをTOTOLIXILに!!!

 

……ただ、こういう強烈なトイレを経験していると、なんか精神的につおい大人になれる気もしてます。根拠はないんですが。